夏になってた

5月22日から、8月1日まで一体なにをしていたのか。

 

あまり思い出せない。

 

日記を書くことなんてすっかり忘れてた。

 

同居人Sは親父なので雷も落とすが本性は風だから、しばし台風を巻き起こす。

 

今年一番の大型のそれに吹き飛ばされて気を失っていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

ふらふら

 同居人Sとちょっと関係性がピリピリしていたが、

 

三軒茶屋にハワイアンフラダンスのショーを観に行ってなんだか癒されてしもうた。

 

気分よくなってすずらん通りでアホみたいにハイボール飲んだ。

 

三軒茶屋で住んでいた頃はいろいろあってしんどかったなぁ。

 

今もいろいろあるけれど、今が一番幸せなんか もしれん、ってぼんやり思った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

ジンライム

週末のデフォルト。飲み過ぎ。

 

華の金曜日は、現役大学生兼店子のIと軽く飲んだ。

 

Iはすぐに2丁目に御出勤。

 

実はIとは昔大喧嘩した仲。

 

新宿駅から新宿3丁目にタクシーで向かうあたりがいかにも水商売っぽいやん!などと思いながら便乗。

 

その後、週末に群がる素敵なミツバチ達を拝みにゲイクラブをハシゴ。

 

最後に飲んだジンライムが脳天を直撃し、そのまま同居人Aに強制連行され帰宅。

 

同居人Sは密やかな華金を過ごしていたのか翌日まで帰らんかった。

 

まあたまには初台を離れたいんやろ。

 

あたしもそゆう日、ある。

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

怒りカミナリ親父

「お前にシャネルの300万のドレスを撮る気持ちが分かるか?」

 

写真家の同居人Sにそう罵倒された昨日。

 

撮る気持ちも何も、見たことすらあらへんわ、そんなもん。

 

撮影前日のSは焦りと緊張からか怒りカミナリ親父化。

 

そりゃ白髪も増えるぜ。

 

最近どんどん短気になっとる。

 

「OLやから分からんわぁ、そんな気持ち。」て答えたら

 

「お前はOLなんかじゃねぇ!精神病だ!障害者だ!」

 

と言い放った。

 

腹立つけど間違いないでな。

 

やけどカミナリ治るまでしばらく近づとうない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

初台苛々虫

昨日はなんだか。そんな日やった。

 

微妙な焦りや苛立ちこそ皮膚を通して伝わるもんや。

 

初台、苛々虫が発生中。

 

同居人Sの機嫌に振り回されるのが世の常や。

同居人Aは興味なさそうに一生分くらいのゲームをこの1週間でしてる。

 

 

腹は立つけど腹も減るから、深夜に近所の中華料理屋に行く。

 

 

こんな時間だというのにサラリーマンたちが各テーブルごとに1日の愚痴をこぼし合ってた。

 

この人たちは、感性でなにかを表現したりを一生せずに家族のために働き安い日高屋で酒を飲み死んで行くんやなとぼんやりと彼らを眺める。

 

誰かのために生きるって素晴らしいことやな。

 

芸術家は大概において自分主義者であるから好かん。

 

何がアートじゃ。何が写真じゃ。くそくらえ。

広告を非表示にする

便乗型エッセイスト

昨日は同居人Sと早い時間から飯も食わず晩酌をしてしもて、気づいたらふんわり鏡月ライムを3本も空けてた。

 

翌朝、焼うどんを作った形跡はあったが殆ど記憶にない。

 

ええ感じに酔いが回ったとき、気づいた。

一葉の日々の暮らしはあまりに非日常過ぎる。

 

これは記録として残さなあかんのやないか、と使命感に急な駆られたわけです。

 

写真家の同居人Sはまもなく有名になるだろうし、便乗して岡本敏子や荒木陽子やらみたいに便乗型エッセイストにでもなったろやないか、という目論みもまああるっちゃぁある。

 

 

座右の銘

一般論を並べても人はどこへも行けない。

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする